CALENDAR
2009.07.
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Yoshimi Sekine

Author:Yoshimi Sekine
ピアニスト関根佳美のページです。

〇ピアノの演奏活動(主に弦楽器の伴奏ピアニスト・室内楽)をしております。日々ピアノと奮闘中♪
〇自宅でピアノ教室をひらいています。

どうぞHPの方も遊びにきてくださいね☆


**趣味**

☆読書(週2冊ペース)
☆競馬(ダイワスカーレット)
☆走ること(初心者)
☆自転車(愛車)


基本的に人生省エネしてます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Pianissimo

ピアニスト 関根佳美のページです♪~

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
飛騨に来てます

昨日飛騨入りしましたさとと-夏の山

富山まで飛行機で、富山からバスで1時間半程かけて移動。
自然がいっぱいのとても空気がきれいなところです。

昨日到着して早速、ドビュッシーとブラームスのレッスンがありました。

今回講師として来てくださっているのは、

金木博幸先生 (東京フィルハーモニー首席チェリスト)
藤原真理先生 (チェリスト / 言わずと知れた日本の宝です!!!!!!)
高橋恵子先生 (オランダ アムステルダム・ロイヤルコンセルトへボー管弦楽団員)
中島ゆみ子先生 (東京フィルハーモニー元コンサートミストレス / 現在フリー活動中)
泉原隆志先生 (京都市交響楽団コンサートマスター)
須田祥子先生 (東京フィルハーモニー首席ヴィオリスト)
黒木岩寿先生 (東京フィルハーモニー首席コントラバス奏者)

という、素晴らしい先生方です。

なかでも、泉原先生は若くして京響のコンサートマスター、ヴィオラの須田先生もお若いのに東フィルの首席を務めていらっしゃいます。

泉原先生は、GWの秋吉台の時から「なんでそんなにさわやかなんですか!?」と質問が飛び交うくらい、ハードなスケジュールでも朝から深夜まで本当に爽やか王子です。
物腰がとても柔らかく優しいのに、演奏は結構激しくて(笑)、泉原王子と呼ばれファンも多いんです!

ヴィオラの須田先生は、もう、ほんっっとうに素晴らしい方で、私は大大大ファンで、須田先生とご一緒したいがために私は飛騨まで追いかけてきました(笑)
音が素晴らしくて、音楽も素敵で、なにより先生が格好いい!!(注;女性です)
先生のオーラにやられて、こちらで日々ときめていています。結構危ないファンになりつつあります・・・。

そしてチェロの藤原真理先生。
言わずと知れた日本を代表するチェリストです。
もう、神みたいな存在の方なので、同じ空気を吸ってることだけでも驚きなくらいです。
秋吉台で初めてお会いした際とてもフランクにお話してくださり、先生のお人柄にも惚れこんで今回ご一緒させていただくことが出来ました。
真理先生のチェロは、本当に素晴らしいです。同じ人間とは思えないです。心が浄化されます。


他の先生方も本当にお世話になっているのですが、なかでも今回参加に至ったきっかけでもある先生方を紹介させていただきました。


昨日到着してレッスンが終わったあと、講師の先生方の演奏会があり、
真理先生がハイドンのチェロ協奏曲第2番を、泉原先生がヴィヴァルディの四季とチャルダッシュを演奏してくださいました。
超ブラボー!!!でした!


今日は2日目ですが、朝7時に起床し8時にご飯、9時からレッスンスタートをして、ご飯のときを除いて夜中の1時半くらいまでレッスンが続きます。
超過酷です。
しかもその後は宴会まであります。


講師の先生方、ほかの受講生の方をみても本当に刺激になる・勉強になることばかりで、ここに参加できて幸せだなぁと思いながら、朝から夜中まで頑張ってます。

ただ、ピアニストには非常にハードな講習会なので(過去に倒れて救急車で運ばれた方もいるみたいなのです・・・・)、体調に気をつけて乗り切りたいと思います!





スポンサーサイト
2009.07.31 Fri 22:21
追い込み中

さて、恐怖のセミナーが迫ってまいりました。

今回私が弾く曲は、

ショパン:チェロとピアノのためのソナタ
ブラームス:スケルツォ(元々ヴァイオリン+ピアノ。今回はヴィオラ+ピアノで演奏)
モーツァルト:ピアノ四重奏曲第1番

でしたが。

この間「8センチもある~!!」と嘆いた他の曲たちは以下の通りです。

シューベルト:ピアノ五重奏曲「鱒」
シューマン:ピアノ四重奏曲
モーツァルト:ケーゲルシュタットトリオ
バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ 第2番&第3番
ドビュッシー:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
ショスタコービッチ:チェロとピアノのためのソナタ
フェシュ:コントラバスソナタ
フォーレ:エレジー
ハイドン:チェロ協奏曲第1番&第2番


・・・・ふぅ。


これを見るとテンションが下がってくるので、練習のやる気UPのため楽譜をかわいくしてみましたハート

090727_195502_ed.jpg


見えますか?
ピアノやチェロのシールなのです。かわいいですよね!!
この間生徒さんにいただきましたハート


では気合いを入れてあと少し頑張ります!





2009.07.28 Tue 23:11
ピアカル♪

今日は午前中ピアノ四重奏の合わせ(リハーサル/練習)でしたアップロードファイル

メンバーは、3月の発表会にゲスト出演してくれたルミエール・ピアノカルテットのみんな♪

ヴァイオリンの青山英里香ちゃん、ヴィオラの古澤晴子ちゃん、チェロの堀内詩織ちゃん。
みんな同い年で高校からの同級生です。
学校が夏期講習中で使えないので、えりか宅にお邪魔してのリハーサルでしたはーと


今回の曲はモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番。
とってもとっても素敵な曲です。
そして今回は、高3で結成してから実に初の、ヴァイオリンとヴィオラを反対にして今回取り組むことになりました。
いつもヴィオラを弾いてた晴子がヴァイオリンで、ヴァイオリン弾いてた英里香がヴィオラ。
実際合わせてみると、なんだかとっても新鮮!!違う人達とやってる気分になっちゃいました笑


今日は初リハーサルだったので、これから4人で練習を重ねることによってどんなふうに変わっていくのかとても楽しみですびっくり


そして午後からはレッスンだったので、詩織に車に乗せてもらい帰宅車
詩織はマイカーを購入したらしく、とっても格好よかった!
助手席人生まっしぐらの私はとぉぉぉぉーっても羨ましかったです。



とりあえず、免許とらなきゃだよなぁ。。



2009.07.24 Fri 23:05
れっすん♪

今日は、日本が誇るピアニストの巨匠・メシアン最後の弟子でもある藤井一興先生のレッスンに行ってきましたキラキラ


チェロとピアノのデュオで行ったのですが、チェロは昨年のクリスマス会にゲストで出演してくれた新倉瞳ちゃんです♪
桐朋のシステムに通年の室内楽というのがあり、アンサンブルのチームを組んで、そのチームで1年間通しでレッスンを受けるという内容です。
桐朋最後の年、親友の一人でもある瞳とデュオをとって充実した1年にしたいなぁと思ってますBrilliant

藤井先生には大学入学の頃からお世話になっていて、今年でもう6年めになります。
室内楽(アンサンブル)曲をその時々組んでいるメンバーとレッスンに行っているのですが、初めはもう先生のおっしゃって下さってることの意味の半分くらいしか理解できず、そして音に出来ないもどかしさにとても悔しく毎回泣きそうになっていました。

今は今でさらに高度な内容のレッスンをしてくださり、毎回レッスンの度に深く音楽に関わる糸口を見つけてくださいます。
曲について理解したり発見したりすることの重要さや面白さ、そして知っていくにつれて曲がまた違ったものに見えてくる奥深さが本当にためになりました。

自分では気付かないところや痛いところを突かれて本当にけちょんけちょんでしたが(苦笑)、でも本当にたくさんの課題を見つけてくださったこと、これから自分が取り組めるべき課題があることは本当に幸せなことだと思うので(山積みですが・・・・)、少しでも向上できるように頑張りたいと思います。


ちなみに曲はショパンのチェロとピアノのためのソナタです!
相当な難曲ですが、本当にいい曲です。
この曲の魅力をもっと知りたいと思うし、それを音に出来るように頑張らなくちゃ。
そしてもっと自分の中からももっといろいろな感情を引き出さなくてはいけません。音楽をつくるというのは本当に難しいなぁと改めて感じました謝罪~!


この1年、ひとみと一緒に先生のレッスンを受けて勉強できることはとても幸せですし、たくさんのことを吸収したいと思います音符



2009.07.23 Thu 23:55
お久しぶりです

blog放置しててごめんなさい汗
そんな公開できるようなたいした毎日を送っているわけではないので、いつの間にか放置が続いてしまっていました。

そんな中、「先生のblog、実は見てます」、「もうちょっと更新してくれたら楽しみ」なんて恐れ多くもおっしゃって下さる生徒の方、保護者の方からお声をいただきまして、今回しょうもない私の日常もblogに書き記してみようかなと思いたった次第です。
実はこんなんだったのか!と、がっかりしたらごめんなさい~!!!

しばらくはまめに更新すると思いますので笑、どうぞよろしくお願いいたします絵文字名を入力してください



最近は、今月7/30~8/2まで行く飛騨の講習会の準備に追われています。
これはGWの秋吉台同様、先生方と室内楽(アンサンブル)が出来るという魅力的な講習会なのですが、秋吉台より規模が小さい分相当密度濃くできるらしく、今回初参加なのですがとても楽しみにしていますハート

自分の持っていく曲はブラームスのスケルツォ(ヴィオラの先生と共演します)、モーツァルトのピアノ四重奏曲第1番、そしてショパンのチェロソナタ。

どれも今回取り組むのが初めてなので、ドキドキしながら準備をしていたのですが、そこへとんでもないハプニングが!!!!


実はこの講習会、東京フィルの首席の方々が主催しているということもあって、弦楽器(ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス)がメインの講習会なのです。
ピアノは私を含めて2人しか居ないそうです。

なので、アシスタント(共演者)のお手伝いもしなくてはいけなくなり、曲が3倍に増えましたぐあっ

しかも7月の2週目になってから増えたので、譜読みが間に合わない~がーん
私はめっちゃチキンなので、ちゃんと弾きこまないと人前で弾けないのです。しかもピアノは音が多いんです。譜面も黒いんです。とにかく大変なんです。

しかし、そんなことが第一線の方々に言えるわけがなく・・・・・



とりあえず、どのくらいの量なのか並べてみました↓

090722_230415_ed.jpg



厚さも測ってみました↓

090722_225329_ed.jpg

8センチ近くありますが!!




あ~こんなことして遊んでないで、練習しろって感じですよね(苦笑)



今、頭の中を流れているのはモデルの西山茉希ちゃんが出ている“外為オンライン”のCMです。


「あなたのためだから」



・・・・・頑張ります。





2009.07.22 Wed 23:57

Copyright © Pianissimo All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。